柔道整復学科

柔道整復師について

柔道整復学科

高齢化が進みスポーツ人口が増加する今日、医療関係の職種の中でも、とりわけ柔道整復師の人気が高まっています。柔道整復師は、日本古来の武技を原点とし、蓄積した研究成果に西洋医学を取り入れた、人にやさしい治療術。骨折、脱臼、ねんざなどに対し、手技による処置を行うのが大きな特色です。

活躍できるフィールド
  • 独立開業
  • 病院
  • 介護福祉施設
  • 治療院(鍼灸院・整骨院・接骨院)
  • スポーツ医療
  • 教員
  • 進学

柔道整復師

原点は日本古来の武技にあり、人に優しい手技で回復を図ります。
専門性と活躍のシーンの多彩さで注目を集めています。
柔道整復は、日本古来の武技を原点とし、蓄積した研究成果に西洋医学を取り入れた人に優しい治療術。骨折・脱臼・ねんざなどに対して、手技による処置を行うのが大きな特徴です。
自然治癒力を促進し、患者さんの肉体的・精神的負担が少ないところも注目を集め、ニーズが拡大しています。

独立開業が認められている
医療系国家資格

医療現場で経験を積み
独立開業を目指す
医療系国家資格の中でも希少な、独立開業が認められている、柔道整復師は、病院・治療院・介護福祉施設など、様々な医療現場で多くの経験を積み、自分の鍼灸院や整骨院を開業する人も多くいます。また、治療のできるスポーツトレーナーとして需要があります。

学びのPOINT

柔道整復の最高峰から学ぶ充実した環境。
国家資格を取得して医療系スペシャリストに!
柔道整復師の資格は、大学・専門学校をはじめとする養成施設で知識と技能を習得し、はじめて国家試験受験資格が得られます。本学科は、最先端の設備を整えた環境を活用し、実践的な授業を展開しています。基礎・専門分野を網羅するカリキュラムで、現場の最前線で活躍する講師陣から知識と技術を修得。効率よく、確実に実力を培い、ゆとりを持って国家試験に臨むことができます。
状況に合わせて昼間か夜間を選択。
ダブル受講でトリプルライセンスも可能!
本学科は昼間部、夜間部を設置し、学業に専念してスキルアップを図りたい人と、仕事と学業を両立させて国家資格を取得しようという人のニーズに的確に応えます。また、鍼灸学科とダブル受講すると、トリプルライセンスの取得も可能です。

入学時の
年齢比率

平成28年度生昼間部
平成28年度生 昼間部 平成28年度生 昼間部
高校新卒者が最も多く、明るく元気な雰囲気の中で、目標に向い日々学んでいます。
平成28年度生夜間部
平成28年度生 夜間部
本年度は社会人のみとなり、落ち着いた雰囲気の中で、仕事と学業を両立しています。

学びの流れ

学びの流れ 学びの流れ

カリキュラム

14単位基礎分野
教育内容 設定科目
科学的思考の基盤
人間と生活
心理学 倫理学 法学 経営学 基礎生物学 保健体育 英語
41単位専門基礎分野
教育内容 設定科目
人体の構造と機能 解剖生理学Ⅰ 解剖生理学Ⅱ 生理学 体表解剖学 運動学
疾病と傷害 病理学概論 一般臨床医学Ⅰ 一般臨床医学Ⅱ
外科学概論 整形外科学 リハビリテーション医学
保健医療福祉と
柔道整復の理念
衛生学・公衆衛生学 柔道整復の歴史と倫理 関係法規 柔道Ⅰ 柔道Ⅱ 柔道Ⅲ
統合専門基礎医学
45単位専門分野
教育内容 設定科目
基礎柔道整復学 基礎柔道整復学Ⅰ 基礎柔道整復学Ⅱ
臨床柔道整復学 臨床柔道整復学Ⅰ 臨床柔道整復学Ⅱ 臨床柔道整復学Ⅲ 統合柔道整復学
柔道整復実技
(臨床実習を含む)
包帯固定学 基礎柔道整復実技 柔整実技頭部体幹 柔整実技上肢 柔整実技下肢
整復固定法 評価・後療法 臨床実習
3年間の学びを詳しくみる

興味のあるテーマを
深く、
じっくり学ぶ
「ゼミナール」

興味のあるテーマを深く、じっくり学ぶ「ゼミナール」

鍼灸学科、柔道整復学科ともに、それぞれの教員が専門とする分野をより深く学ぶための自由選択「ゼミナール」を開講しています。「ゼミナール」では、通常の授業時間外にゆっくり時間をかけ、実技や研究を深め合います。
また学科を問わず、自分の興味・関心のあるものに自由に参加することができ、鍼灸学科に在籍しながらテーピング技術を、柔道整復学科に在籍しながらツボについて学ぶことも可能です。近年、とくに注目が高まっている美容鍼灸やスポーツ鍼灸、スポーツトレーナーに必須となりつつあるテーピング技術など、特化した専門分野を追求することで、将来の仕事に役立つ実力をつけることもできます。
また学外で開催される学習成果発表会で研究成果を発表するゼミもあり、やりがいのある活動です。

3年間の学び
実習体験でしっかり理解できる。オープンキャンパス