NEWS & TOPICS

柔道整復師と理学療法士の違いって?

みなさんは柔道整復師理学療法士という資格を知っていますか?

どちらを目指そうか、進路に悩んでいる人もいるかもしれません。

まずは柔道整復師、理学療法士それぞれの資格についてみてみましょう🙆

 

柔道整復師・・・「柔道整復術」を用いて、骨折、脱臼、ねんざ、打撲、挫傷など急性・亜急性の原因による

骨・筋・関節などの運動器系疾患(ケガ)を柔道整復師が自らの手技で治療することができる国家資格。

 

理学療法士・・・体操、電気刺激、光線、マッサージなどの物理的手段を用いて、身体の機能が低下した状態にある人に対し、

基本的な動作能力の回復を主な目的とした治療ができる国家資格。

 

・・・なんか全然違う?

そうなんです。

どちらも患者さんの身体を治療するという国家資格ですが、治療内容だけでなく

「医師の指示の有無」「開業権の有無」という2つの大きな違いがあります☝

 

<その1>医師の指示なしに治療が行える資格・行えない資格

イラストからもわかるように、理学療法士は医師の指示がなければ患者さんを治療することができません。

これに対して、柔道整復師は医師の指示なしに、施術者自ら患者さんの身体の状態を把握し、治療を施すことができるのです!

そのため柔道整復師は医療の現場ではもちろんのこと、スポーツ選手を支えるスポーツトレーナーとしても重宝されています🏋🏼

 

<その2>開業権がある資格・ない資格

医療系の国家資格の中で開業権を認められている資格は少なく、医師や歯科医師以外で開業することができるのは

・助産師

・あん摩マッサージ指圧師

・鍼灸師

柔道整復師

だけであり、理学療法士には開業権が認められていないのです。

すなわち、柔道整復師の資格を取得すれば整骨院・接骨院を開業することが可能です✨

自分の整骨院・接骨院を持てば定年後などを心配せずに生涯現役で活躍することも可能となる

独立開業できる権利は、柔道整復師の大きな魅力の1つです👍

 

柔道整復師は整骨院・接骨院への就職、もしくは開業のほか

病院の整形外科・リハビリ科への就職、

スポーツ選手を支えるスポーツトレーナー、介護福祉施設での機能訓練指導員など

資格取得後の選択肢が幅広いのも特徴です💪

 

本校では柔道整復師の資格取得はもちろん、スポーツトレーナー、独立開業、介護福祉分野など

皆さんが将来活躍したい分野へ進めるように全力で応援します💨

柔道整復師について、もっと詳しく知りたい!!

そんな方はぜひオープンキャンパスにも遊びに来てくださいねっ☺

 

オープンキャンパスの様子は本校のTwitterやInstagramなどのSNSでも更新中です☆

    

資料請求もお気軽にどうぞ♪

 

 

 

NEWS & TOPICS一覧